「ミルクヌガー」編

チロルチョコ

こんにちはこんばんは。kopiです。

この投稿は私がかれこれ10年以上収集し続けている
「チロルチョコの包み紙コレクション」をマイペースに見せ散らかしてこ~~~ッ!という私利私欲まみれの呑気な紹介シリーズとなっております。
ぜひ少しでも興味があればチラッと覗いてみてネ★

「ミルクヌガー」

さて、今回ご紹介する包み紙コレクションは…

チロルチョコの原点であり半世紀以上愛され続ける超ロングセラー商品「ミルクヌガー」です。3つ山のアレです。
コンビニやスーパーのお菓子売り場などでよく見かけますよね。
「チロルチョコ」は本当に種類が豊富で細かく分類すると膨大な数になってしまうので、「こんなのがあるよ~」くらいのゆるゆるマインドでいくつかピックアップして紹介します!

小サイズ

まずは「小サイズ」から。

これは3つ山ではなく現在主流の台形バージョン。
デザインがちょっとレトロで最高に可愛い!

左の1枚はよく行くスーパーのよくわからないコーナーで見つけました。これが結構な量で27個入りだったんですね。でも気付いた頃には全て胃袋に消えてました。

ちなみにこの2枚、どこが違うかわかりますか?

色味、成分表の有無などに注目してみてください!


元祖(復刻版)

最後は「元祖」の復刻版です。

これが例の元祖チロルチョコになります!3つ山タイプは変わりませんが厳密に言えば復刻版ですね。
形がコレなので本来のチロルチョコにぴったりなトレカサイズでは収まらず…。
やはり唯一無二の最強チョコレートですね。

通常版と「チロルチョコ」の発売60周年を記念した応募券付きの限定デザインの2種類ございます。

レパートリーが少ないのでじゃんじゃん新作を出してほしいな~と思います。


「ミルクヌガー」の包み紙コレクションの紹介はこれで以上です。
よかったら他の投稿も覗いてみてネ★

コメント

タイトルとURLをコピーしました